労使トラブルの回避には、
就業規則の作成が必要不可欠。

会社や従業員が守るべきルールを定めた就業規則。しっかりとした就業規則を作成しておくことで、無用なトラブルを回避できるだけはなく、従業員は会社を信頼しやすくなり、安心して働くことができます。

また、従業員が10人(パートやアルバイト含む)を超えると、就業規則を作成し、労働基準監督署に提出することが義務付けられています。

就業規則を作成するメリット

従業員のモチベーションアップ

しっかりとした就業規則は従業員のモチベーションアップにもつながります。
あいまいな就業規則であれば、従業員は不安を抱えながら働かなければいけないので、能力を発揮できず、生産性が落ちることも。労働条件が明確に記された就業規則を作成することで、従業員のすべきことが明確になり安心して働けるでしょう。
つまり、従業員が安心して働ける環境を提供するためにも就業規則は重要な役割を果たしています。

労使のトラブルを事前に防止する

最近では採用および退職時のトラブルだけではなく、解雇・未払い残業・セクハラ・パワハラ・メンタルヘルスなどの労使トラブルに関するご相談が増えています。
このような労使トラブルが発生する前に、極力防止するためには就業規則の作成が必要不可欠です。
明確なルールが定められた就業規則を作成しておけば、労使トラブルが発生した際の処分内容を各従業員が頭に入れて行動できるので、問題そのものの回避につながります。

企業の業績アップ

就業規則の作成は、従業員に安心して働ける環境を提供するために必要不可欠です。社内のルールがしっかりと定められることによって、従業員は安心し、定着率のアップにあわせて、知識やスキルを蓄えた従業員が増え、会社の業績アップにもつながります。

助成金申請時に効果発揮

助成金申請をする場合、雇用保険の加入だけではなく就業規則の整備が必要になります。助成金は融資と異なり返済不要なので、要件さえ満たせば受けられる制度です。しかし、いざ申請する際に就業規則がしっかりと作成されていなければ申請することができません。
申請時にあわてて就業規則を作成するのではなく、あらかじめ就業規則を整備しておくことが大切です。

料金表

ご依頼内容 顧問契約あり 顧問契約なし
就業規則の作成 150,000 200,000
就業規則の変更 60,000 80,000
各種社内規定の作成 40,000 60,000
TOP
TOP